手続き

個人再生

再生計画認可決定後の手続とは?

裁判所によって、「再生計画認可決定」がなされたからといっても、「個人再生」の手続きが全て完了したわけではありません。「再生計画」に基づく弁済を完了させて、初めて、「個人再生」の手続きは完了となるからです。では、「再生計画」認可後にはどんな手続きがあるのでしょうか?
個人再生

「個人再生」認可のポイントとは?~書類作成の注意点を押さえよう!~

個人再生については裁判所が再生計画にOKを出すことが絶対条件ですが、それ以前に提出書類の多さなどもあり、面倒な手続きとなります。そのため「個人再生」に踏み切るのを尻込みする人が多いようです。本稿では、「個人再生」が適用されるために必要な書類作成における知識について整理していきます。
個人再生

個人再生の手続き・流れを把握しよう!

個人再生と言われるのは民事再生手続の個人版のことで、裁判所が調停するような形で行なわれるのが原則です。そして、個人再生には給与所得者等再生と小規模個人再生という2種類の整理方法があります。本稿では「個人再生」の手続きについて、ご紹介します。
任意整理

任意整理の手続きを知ろう!(その5)~和解の成立と支払い

裁判所を介さずに債権者である貸金業者などと「将来利息」や「延滞損害金」などの免除を求めて交渉する、「任意整理」。 実際のところは代理人である弁護士や司法書士が債務者の代理人として債権者と交渉しますが、任意整理の流れ(手続き)はどうなっているのでしょうか?