個人再生

個人再生

個人再生の「履行可能性テスト(トレーニング期間)」とは?

「個人再生」については、東京地方裁判所においては、「個人再生」事件において、他の裁判所とは異なる運用を行っている部分があります。その東京地方裁判所独自の運用として「履行可能性テスト(トレーニング期間)」という手続が設けられています。
個人再生

東京地方裁判所における個人再生事件の運用の特徴とは?

東京地方裁判所は多数の個人再生事件を扱っていることから、独自の運用を行っています。本稿では、その運用の特徴(「履行可能性テスト」、「標準スケジュールの公開」など)をご紹介します。
個人再生

個人再生するとブラックリストにどのくらい載っているか?

個人再生すると「いつから」「どれくらいの期間」ブラックリストに載っているのか?ブラックリストに載るとどのような不都合が生じるのか、理解していますか?本稿では、個人再生とブラックリストとの関係について説明していきます
個人再生

個人再生できないケースとは?

任意整理と自己破産の中間に位置している、「個人再生」では、裁判所に認可されるために様々な条件がありますが、その条件を満たさない限り、「個人再生」の申立てをしても却下されてしまいます。では、個人再生できないケースとはどんなものでしょうか?
個人再生

個人再生に必要な期間はどれくらい?

「個人再生」の申立てを所轄の裁判所に行ってから、手続き完了までの期間は、およそ4~6ヶ月でかかるのが一般的ですが、状況によっては長引くケースもあります。本稿では「個人再生手続き」にかかる期間を中心に「個人再生」の流れをご紹介します。
個人再生

再生計画認可決定後の手続とは?

裁判所によって、「再生計画認可決定」がなされたからといっても、「個人再生」の手続きが全て完了したわけではありません。「再生計画」に基づく弁済を完了させて、初めて、「個人再生」の手続きは完了となるからです。では、「再生計画」認可後にはどんな手続きがあるのでしょうか?
個人再生

「再生計画認可」の要件を把握しよう!

「再生計画」作成は個人再生における重要な手続きの一つです。この「再生計画」を裁判所によって認可してもらわないことには借金の減額も自宅や自家用車の維持は不可能になります。では、どんなことに気を付ければ認可してもらえるのでしょうか?本稿では「再生計画」の認可要件をご紹介します。
個人再生

個人再生委員との面談での打合せ内容を知っておこう!

裁判所が選任する、「個人再生委員」。裁判所管轄内の弁護士が選任されるのが一般的ですが、申立後にこの「個人再生委員」と面談する必要があります。では、いったい、いつ、どこで面談は行われるのでしょうか?また、その内容は> 本稿では「個人再生委員」との面談についてご紹介します。
個人再生

「個人再生委員」の職務と役割を知ろう!~「個人再生」特有の存在~

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の二つがありますが、両者共通のものが「個人再生委員」の選任です。「個人再生委員」は個人再生の手続において重要な職務・役割を果たしています。本稿では「個人再生委員の職務と役割」についてご紹介します。
個人再生

個人再生委員って何だろう?~「個人再生」に欠かせない存在~

「個人再生」の手続において、「債務者の財産・収入の調査」や「再生債権の評価の補助」、「再生計画案作成のための勧告の実施」などの役割を果たすために裁判所が指定する人がいます。「個人再生委員」です。本稿では「個人再生委員」についてご紹介します。