最も利用されている債務整理~任意整理とは?

任意整理

お金の苦労は人それぞれで債務額も千差万別ですよね。

ある人は50万円を工面できずに深刻に明日をどう迎えようと悩む こともありますし、 企業 のオーナー社長は数傑円~数十、 数白億円のエ面に奔走します。

債務額に関係なく共通して言えるのは金の面の苦労は同質というわけです。

今回は手続きが簡単な債務整理であり、債務整理の中で最も利用されている「任意整理」についてまとめてみます。

1.「任意整理」とはどんな手続きか

「任意整理」とは、 司法書士や弁設士が伯権者(消費者金融、信販会社、カード会社、サラ金業者など)と返済の方法や返済の額について交渉をして、原則として金利をカットし、支払いが可能になるような(今よりもよい)条件での合意を成立させる(和解する) 手続きです。

役所や裁判所などの公的機関を通さずに、 毎月のカードの支払いなどの返済金額を減らしていく債務整理の方法を指します。1)裁判所を通して解決する手続きを「法的整理」と呼ぶのに対し、 この方法は裁判所を通さないで行われるため, 法的な「強制」が ないことから「任意整理」と呼ばれています

裁判所への申立の必要はなく、自分一人でも行うことができます。 これは他の債務整理が裁判所を介する法的措償であるのに対して、任意整理は債権者と債務者との「任意の(=私的な)交渉」という位置付けとなります。

なお、 過払い金請求において、 金融業者と交渉することも「任意整理」に含まれます。

2.任意整理の特徴

(1)裁判所を通さない!

すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。ポイントとしては、やはり「裁判所が関与しないこと」でしょうか。 裁判所を通す他の整理方法(個人再生、自己破産など)では、裁判所で法的拘束力 (強制力)を持った決着を得られる反面、弁護士に依頼したり、司法書士に手続書 類の作成を依頼する、裁判所への出頭があるなど、面倒な手続きでもあります。

また、「法的整理」は面倒なだけでなく、弁護士や司法書士への費用や裁判所への支払いなどがあり、相応の費用がかかります。一方で「任意整理」は私的な交渉ですので、法律で詳細なルールが定められているわけではありませんから、自由度が高く、手続自体は簡素なものであると言えます。このため、手続費用がも少ない安価な方法でもあります。

(2)過払い金を取り戻せる!

任意整理を検討している方の場合、ほとんどが高い金利でお金を借りていることが多く、任意整理手続をすることで高い金利(グレーゾーン金利)により払い過ぎ ていたお金(過払い金)を取り戻せる場合もあります。

この場合、今までの返済の履歴(取引履歴)を貸金業者から取り寄せ、利息制限法 による引き直し計箕を行います。その結果、過去に払い過ぎている利息(=過払い 金)があれば、これを元本に充当して借金額を減らします。

現在借金をしていて生活が苦しい方、10年以上前に借金をして現在でも借金を返済し続けている方などは過払い金があるかどうかだけでも確認することをお勧めします。

(3)借金を減らすことが可能!

気を付けなければいけない点として任意整理手続きを行っても借金が残った場合には、自己破産と違って借金そのものはなくならない、ということが挙げられます。そのため、任意整理後も借金を返済していくことが必要です。

しかし、任意整理を行うことで利息や遅延損害金などは支払わずに済みますので計画的に返済できる上、 借金の大幅な減額が可能です。

任意整理後に借金が残った場合、債権者(消閃者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者など)と話し合いがつき和解が成立すると、原則3年~5年(36回~60回払 い)の期間で借金を返済していくことになります。

(4)貸金業者との和解には交渉力が要求される

債権者との直接交渉になりますので、素人が独力で行うにはハードルが高いかも しれません。何と言っても、銀行や貸金業者を相手に交渉するわけです。相手は海千山千のプロですし、借りた本人が「任意整理したい」と債権者に告げても、相手 にされないケースがほとんどでしょう。実際には弁護士・司法書士などの専門家を 通したほうがムダな手間や労力を省くことになります。2)債務整理を生業とする弁護士事務所への問合せの中で圧倒的に多いものが任意整理と言われています

任意整理は、今後の利息をカットする・払いすぎた利息から引き直し算出をする という特色がありますので、できる限り早く、弁護士事務所や司法書士事務所へ依頼をした方が、借金の負担軽減は大きいと言えます。

3.任意整理のメリット/デメリット

 (1)メリットは?

  • 原則として、 手続き完了後の将来利息が免除されますので、完済が早まります。
  • 自己破産や個人再生と比ぺて、 手続きが簡単です。 収入や資産を証明する資料を準備する必要もありません。
  • 整理したくない債権者は除外して、一部の債権者だけ整理するというようなことも可能です。

(2)デメリットは?

  • 信用情報機関に情報登録され、 借入が今後約5年間できなくなります。(俗にいう「プラックリスト」入り)
  • 自己破産や個人再生と比べると、債務を減額させる効果が高くありません。
  • 最近は 和解の条件が厳しい業者が増えています。

 

・・・というわけで「任意整理」についてまとめました。

「任意整理」は債務整理の中で最も手っ取り早く行うことのできる整理方法です。

ただ、個人でも可能ですが、自分で交渉しても元々債権者である消費者金融などは普段から交渉に慣れている、海千山千のプロですから、知識・経験で圧倒的に不利ですし、最悪の 場合うまく言いくるめられてしまう場合もあります。

借金問題に悩む日々を送っておられるなら、一度、専門家に相談することをお勧めします。

ご参考になれば幸いです。

 

おすすめの弁護士事務所はこちら

おすすめの司法書士事務所はこちら

トップに戻る

 

References   [ + ]

1. 裁判所を通して解決する手続きを「法的整理」と呼ぶのに対し、 この方法は裁判所を通さないで行われるため, 法的な「強制」が ないことから「任意整理」と呼ばれています
2. 債務整理を生業とする弁護士事務所への問合せの中で圧倒的に多いものが任意整理と言われています
タイトルとURLをコピーしました