【東京・大阪】おすすめの弁護士事務所~任意整理編~

任意整理

裁判所を介さずに債権者である貸金業者などと「将来利息」や「延滞損害金」などの免除を求めて交渉する、「任意整理」は債務整理の中で最も利用されている方法です。

任意整理に関係する情報は数多くの人が目の当たりにするようになり、将来利息を0円にしてもらったり、返済期間を交渉して月々の負担額を減額してもらったりというメリットは以前より知られるようになりました。

もっとも、そのメリットを享受するためには、債権者と交渉する司法書士や弁護士の交渉力にかかっていると言っても過言ではありません。

では、任意整理はどこに依頼すると良いのでしょうか?事務所選びは慎重にしたいところですが、あまり時間をかけるわけにもいきません。

本稿では東京・大阪圏内で任意整理を依頼する際のオススメの弁護士事務所についてご紹介します。

任意整理とは?

「任意整理」とは、債権者と将来利息のカットや長期分割弁済などの返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような(今よりも良い)条件での合意を成立させる手続きです。

全ての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この「任意整理」の手続きですが、裁判所への申立の必要はなく、自分一人でも行うことができます。

他の債務整理が裁判所を介する法的措置1)これを「任意整理」に対して「法的整理」といいます。であるのに対して、「任意整理」は裁判所への申立の必要がないことから、債権者と債務者との「私的交渉」という位置付けとなります。

また、裁判所は関与しませんので、自己破産や個人再生の場合のように、裁判所に提出する書類を用意する必要はありません。

「任意整理」では、その債務の中で過去に「利息制限法」の上限利率を超える利息の契約がある場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して債務を減らすことを行います。2)任意整理の手続きの中で、「利息制限法」による引き直し計算を行った結果、「過払い金」が発生していることがあります。大体、2007年以前に開始した取引が対象になります。この場合、「過払い金返還詰求」を行います

さらに、将来の利息はカットして長期分割払いをするという交渉や、一括返済するので債務を減額して欲しいというような交渉をしていきます。

なお、「任意整理は私的交渉ですので、自分一人で行うことができる」と書きましたが、債権者相手の交渉については、素人にはハードルが高いことも事実ですので、本稿でおすすめする弁護士や司法書士に依頼するほうが良いでしょう。

任意整理を依頼する際の弁護士事務所の選び方とは?

弁護士事務所選びに失敗すると、事務所を乗り換えるにあたって、費用が二重払いになってしまったり、時間が無駄になったりと、デメリットが大きいですので、最初からじっくりと検討する必要があります。

なお、前提条件ですが、1社当たりの金額が140万円を超えるようであれば、弁護士事務所になります。3)司法書士に任意整理を依頼する場合は1社当たりの金額が140万円以下です

ここでは、事務所を選ぶときにどのような点に注意すべきかについてチェックポイントをご紹介しましょう。

債務整理を専門分野としている事務所を選ぼう!

当たり前と言えば、当たり前ですが、最初のチェックポイントは、「債務整理に強い事務所であるかどうか」です。

一口に弁護士と言っても専門分野がありますから、やはり多くの事例に取り組み、債務整理を専門(得意)分野としている事務所に依頼するべきです。

では、何をもって「債務整理を専門」としているかを判断すれば良いのでしょうか?

その事務所の専門分野が何なのかを見分けるには、事務所のホームページを確認すると良いでしょう。

得意分野については、依頼者からたくさんの質問を受けているため、依頼者がどのような情報を求めているか良く分かっており、ホームページの情報も自然と充実したものになっていることが多いのです。

費用の総額がわかりやすいか?

次に注意しておきたいのは、「報酬が明確であるかどうか」です。

事務所によっては、費用の総額が非常にわかりにくいことがあります。

ホームページに費用が書いていない事務所は論外ですが、書いてあっても、「○○円~」というような書き方だと、総額がいくらかかるかわかりません。

ただ、「任意整理」を依頼した場合でも、債務先(借金先)が何社あるか、過払い金の有無等、様々なケースがありますので、費用について全てを簡単に表すことは困難であるのも、また事実です。

この点に関しては、ケース設定とその費用について明確に書いてある事務所に依頼するか、ホームページで確認したあと、電話で、金額だけでなく、支払方法(一括払いなのか、分割払いができるのかなど)などについて質問して確認しておきましょう。

報酬が相場とくらべて高すぎないか?

3番目のチェックポイントは、報酬が適正な相場の範囲内であるかどうかです。

報酬については、各事務所が自由に報酬を定めてよいことになっています。

しかし、報酬の適正な相場というものはありますので、あまりにも相場と比べて報酬の高い事務所には依頼すべきではありません。

また、任意整理の報酬は以下のような上限が弁護士会により定められています。上限と比較して、安い事務所を選ぶのも費用を抑える一つの方法です。

  1. 減額報酬金:減額した金額の10%以下。
  2. 過払い金報酬金:交渉の場合は回収額の20%以下。(訴訟を行った場合は回収額の25%以下)

なお、『解決報酬』を設定されていることもありますが、上限は原則として1社あたり2万円と定められています。こちらも参考にすると良いでしょう。

【東京・大阪】オススメの弁護士事務所はこちら!

まずは以下の表をご覧ください。

弁護士事務所一覧

こちらは、債務整理に関するサービスごとの比較をしました。

弁護士事務所一覧(サービス別)

次にこちらは費用に関する比較表です。

弁護士事務所一覧(費用別)

そして管理人がサービスおよび費用に関して得点付してランキングを決めたのが、以下の表です。

ランク 事務所名 所在地 代表 所属
1 名村法律事務所 東京都墨田区 名村 泰三 弁護士 東京弁護士会
2 東京ロータス法律事務所 東京都台東区 河原 正和 弁護士 第二東京弁護士会
3 弁護士法人シン・イストワール法律事務所 東京都千代田区 山下 信章 弁護士 第二東京弁護士会
4 横山法律事務所 東京都目黒区 横山 晃崇 弁護士 第一東京弁護士会

ランキングについては以下の基準で定めました。

①サービスについて

電話の関する対応日および時間帯で得点付け。24時間対応や年中無休は高得点。逆に平日のみであれば低得点。

②費用について

  • 着手料が無料であれば高得点。有料の場合、安い順に高得点。
  • 成功報酬は安い順に高得点。
  • 減額報酬は減額した金額に占めるパーセンテージ(減額分の20%の金額が報酬額)の低い順に高得点。

③その他

  • 実績では取扱件数等で得点付け
  • 事務所が大規模、小規模については一長一短があるので、今回は得点付けから外しました。

では、順番に見ていきましょう。

第1位 名村法律事務所

第1位は「名村法律事務所」です。「名村法律事務所」は年間1500~2000件の借金問題に関する相談実績を誇る、自己破産や個人再生などの債務整理専門の事務所です。費用的には債務整理に係る弁護士事務所としては業界最安値クラスとなっています。

主なサービスポイントは以下の通りです。

  1. 全国対応で地方出張も可。
  2. 電話受付はフリーダイヤルで平日10:00~18:00 メールは24時間対応
  3. 相談料は電話・メール・面談、いずれも初回無料
  4. 25年以上、累計10,000件の債務整理実績から緊急性に応じて即レスするスピード対応
  5. 料金体系は良心的かつ業界最安値クラス

費用は以下の通りとなっています(最低料金のご案内であり、案件によっては異なる場合があります)

名村法律事務所費用

 

第2位 東京ロータス法律事務所

第2位は「東京ロータス法律事務所」です。

「東京ロータス法律事務所」は弁護士事務所最安値レベルの料金体系で、費用の分割払いOKなのが大きなウリとなています。

また、もう一つのセールスポイントとして、債権者との間に入って「代行弁済」の実施があります。返済は弁護士が実施するため、債権者からの連絡が一切ありませんから、精神的な重圧もなく安心です。

主なサービスポイントは以下の通りです。

  1. 全国対応。受任のタイミングで出張面接を行うので地方の依頼者も安心。
  2. 最安値レベルの料金体系。着手金20,000円、基本報酬20,000円。
  3. 費用の分割支払い可。
  4. 代行返済を実施。債権者との間に事務所が入り、債権者への返済は弁護士。(債権者との連絡は一切なし)
  5. 電話はフリーダイヤルで平日9:00~19:00 土日祝日10:00~18:00で受付。(匿名での相談も可)

費用は以下の通りとなっています(最低料金のご案内であり、案件によっては異なる場合があります)

東京ロータス法律事務所 費用

 

第3位 弁護士法人シン・イストワール法律事務所

第3位は「弁護士法人シン・イストワール法律事務所」です。

「弁護士法人シン・イストワール法律事務所」は借金問題の実績が豊富で闇金への対応ができる弁護士事務所です。

また、元金融業者のスタッフ・債務整理経験者のスタッフが在籍しており、元金融業者の知見により債権者側の手法を熟知した交渉ができ、債務整理経験者によって相談者のリアルな悩みや不安を考えた話が期待できます。

主なサービスポイントは以下の通りです。

  1. ヤミ金対応ができる貴重な弁護士事務所
  2. 全国対応可。相談は何度でも無料。費用の分割支払も可
  3. 元金融業者のスタッフ・債務整理経験者のスタッフが在籍。依頼者の悩みに寄り添った解決策を提案
  4. 最短即日で取立催促をストップ

費用は以下の通りとなっています(最低料金のご案内であり、案件によっては異なる場合があります)

シン・イストワール法律事務所費用

 

第4位 横山法律事務所

第4位は「横山法律事務所」です。「横山法律事務は東京都目黒区の中根にある弁護士事務所です。離婚、刑事事件、遺言・相続、行政紛争など様々な案件を扱っていますが、債務整理の手続きにもしっかり対応しています。メールによる相談は24時間受付で迅速に対応してくれます。

 

主なサービスポイントは以下の通りです。

  1. 全国対応可。
  2. 相談は即対応(メール受付は24時間対応)

秘密厳守。家族や会社に内緒で対応費用分割可。(各費用は直接事務所へ問い合わせてください)

 

・・・以上が「【東京・大阪】おすすめの弁護士事務所~任意整理編~」でした。

費用面を比較すると確かに司法書士事務所よりも割高な面はありますが、「1社あたり140万円を超える借金問題」は弁護士でないと「交渉」の担当はできませんし、万が一、訴訟になった場合などは弁護士の方が有利な面も少なくありません。

そのあたりは良く見極めるためにも、借金問題で悩んでいる方々は一度、相談されることをおススメします。

References   [ + ]

1. これを「任意整理」に対して「法的整理」といいます。
2. 任意整理の手続きの中で、「利息制限法」による引き直し計算を行った結果、「過払い金」が発生していることがあります。大体、2007年以前に開始した取引が対象になります。この場合、「過払い金返還詰求」を行います
3. 司法書士に任意整理を依頼する場合は1社当たりの金額が140万円以下です
タイトルとURLをコピーしました