債務整理を決断できないとどうなる?

さて、債務整理を検討するタイミングはいくつかあることが分かりましたが、債務整理を躊躇しているとどんなことが起きてしまうのでしょうか?

少し難しく言うと「債務整理を決断できないと発生し得るリスク」となります。

それでは見ていきましょう。

3カ月滞納するとブラックリストにのる

借金の返済が困難な状況に陥ると滞納してしまうというケースは珍しくありません。支払日が過ぎてしまうと、どんなことに繋がるでしょうか?

何となくご理解いただけているのではないかと思いますが・・・。

そうです。起こり得るリスクは「ブラックリストにのってしまう」ということです。

延滞をしている時点でも貸金業者からの印象は良くありませんが、「ブラックリストにのってしまう」と他社で借り入れやローンを組む際に足かせになってしまいます。

融資申し込みを受けた時に銀行やローン会社は信用情報機関を照会します。その際に貴方の借入状況が分かりますが、そこで「延滞事実」が記録されていれば融資に際して悪影響を及ぼすわけですね。さらに言えば、基本的にブラックリストに掲載されている状態では 、どの貸金業者からも借り入れはできません。

ブラックリストにのる目安は滞納61日~3カ月程度ですが、3カ月を超えればほぼ確実にブラックリスト入りしてしまうと考えたほうがよいでしょう。

 

滞納し続けると強制執行されることも

滞納を続けるとブラックリストにのってしまうだけではなく、強制執行される可能性があります。強制執行とは何でしょうか?

強制執行とは「裁判所から訴状が届き、銀行口座を差し押さえられてしまったり、給料の差し押さえ」を行うことを指します。延滞し続けると銀行口座を差し押さえられてしまったり、給料を差し押さえられてしまうといったケースが起きるのです。

強制的に借金を返済させるための強制執行ですから、そのような事態になったら従わなければなりません。(法的な強制力があります)

しかしながら、大抵の場合は、借金返済が大変な状況だからこそ滞納に陥ってしまいます。強制執行されるということは、その大変な状況に追い打ちをかけることになりますので、最悪の場合は口座凍結により収入が入らなくなってしまい、さらに過酷な事態になる可能性があります。

手続きをすれば差し押えを止めることも可能ですが、そうなる前に債務整理をしたほうがよいでしょう。

 

貸金業者の倒産や経営不振によって過払い金請求ができなくなる可能性

過払い金が発生している場合、一般的には債務整理で請求をするのがオーソドックスな方法です。

ただ、過払い金請求は自力で行うにはやや手続きが面倒なこともあり、そうなると、ついつい後回しにしてしまうということもあるかもしれません。しかし、その躊躇している間にも「貸金業者が倒産」「経営不振に陥る」といった事態になる可能性もあります。

もし、そのような事態になると、せっかく過払い金請求をしたとしても貸金業者自体が支払う力がないため、「過払い金を取り戻すことができない」という可能性もあるのです。

また、貸金業者自体が債務整理をしてしまった場合には、過払い金請求が厳しくなるということは把握しておいたほうが良いでしょう。

債務整理の選択肢が狭まってしまう

債務整理をするかどうかですが、決断に躊躇して、いたずらに時間だけが過ぎていくと、手続きの選択肢が狭まる可能性があります。

債務整理には、過払い金請求や任意整理、個人再生、自己破産などさまざまな方法が選択可能です。

しかし、それぞれの方法には適切な状況や条件、時期が関係してくるので時間が経過して状況が変わるほど選べる債務整理の方法は少なくなると思っておいたほうがよいでしょう。

債務整理をすることだけがメリットだけではありませんが、それでも借金問題を解決できる有効な手段であることは確かです。

その選択肢が狭まってしまい、最悪、自己破産をするしか選択肢がなくなる前に手を打っておくことをお勧めします。

 

メニューに戻る

トップへ戻る

 

タイトルとURLをコピーしました