2020-05

個人再生

「個人再生委員」の職務と役割を知ろう!~「個人再生」特有の存在~

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の二つがありますが、両者共通のものが「個人再生委員」の選任です。「個人再生委員」は個人再生の手続において重要な職務・役割を果たしています。本稿では「個人再生委員の職務と役割」についてご紹介します。
個人再生

個人再生委員って何だろう?~「個人再生」に欠かせない存在~

「個人再生」の手続において、「債務者の財産・収入の調査」や「再生債権の評価の補助」、「再生計画案作成のための勧告の実施」などの役割を果たすために裁判所が指定する人がいます。「個人再生委員」です。本稿では「個人再生委員」についてご紹介します。
個人再生

「個人再生」認可のポイントとは?~書類作成の注意点を押さえよう!~

個人再生については裁判所が再生計画にOKを出すことが絶対条件ですが、それ以前に提出書類の多さなどもあり、面倒な手続きとなります。そのため「個人再生」に踏み切るのを尻込みする人が多いようです。本稿では、「個人再生」が適用されるために必要な書類作成における知識について整理していきます。
個人再生

個人再生に必要な書類~申立後に必要な提出書類(申立後にも提出必要な書類があるの?)~

「個人再生」では借金を大きく圧縮でき、住宅などの財産を維持できるという魅力ある制度ですが、裁判所を介在する「法的整理」ということで、手続きが面倒であったり、必要書類が多種多様となっています。その中で、本稿では、「個人再生の申立時に必要な書類」として「申立後に必要な提出書類」についてご紹介します。
個人再生

個人再生申立時に必要な書類~自身で用意するもの(大量だけど頑張って揃えよう!)~

「個人再生」では借金を大きく圧縮でき、住宅などの財産を維持できるという魅力ある制度となっていますが、手続きが面倒であったり、必要書類が多種多様となっています。本稿では、「個人再生の申立時に必要な書類」として「個人で用意する添付書類」についてご紹介します。
個人再生

個人再生に必要な書類とは?~申立時に裁判所から取り寄せるもの~

「個人再生」には裁判所が介入しますので、手続きが面倒なことや必要書類が多種多様となっています。その中で、本稿では「個人再生の申立時に必要な書類」として「裁判所から取り寄せるもの」についてご紹介します。
個人再生

個人再生の手続き・流れを把握しよう!

個人再生と言われるのは民事再生手続の個人版のことで、裁判所が調停するような形で行なわれるのが原則です。そして、個人再生には給与所得者等再生と小規模個人再生という2種類の整理方法があります。本稿では「個人再生」の手続きについて、ご紹介します。
個人再生

個人再生には相応のデメリットがあることは覚悟しよう!

「個人再生」では借金を大きく圧縮でき、住宅などの財産を維持できるという魅力ある制度ですが、メリットのみで借金整理ができるなんて虫のいいことはありません(笑)。当然のことながらメリットに相当するデメリットもあるわけでして、本稿では「個人再生のデメリット」についてご紹介します。
個人再生

個人再生のメリットとは?~家や車を残せるだけじゃない~

「個人再生」は借金を大きく圧縮でき、住宅などの財産を維持できるという魅力ある制度です。本稿では個人再生のメリットについて自己破産と比較する形で、詳しくみていきます。
個人再生

「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の選択基準を知ろう!~どっちが有利?~

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」があります。「小規模個人再生」の方が借金の減額が大きくなりますが、「再生計画」認可のためには条件があります。個人再生では「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」のどちらを選ぶのか?その選択基準をご紹介します。