2018年12月14日
  • 多重債務や借金まみれの生活でお悩みの方へ!でも大丈夫、きっと解決方法が見つかります。人生をリセットしましょう。さあ、「債務整理研究所」へどうぞ!!

(4)任意整理のデメリット

【任意整理のデメリット】

 

当然といえば当然なのですが、メリットがあればデメリットもあるのが世の常です。「任意整理のデメリット」をまとめてみましょう。

 

「任意整理」のデメリットは以下のとおりです。

 

①信用情報機関に情報が登録されてしまうこと

②担保や保証人が付いている借金の場合は担保実行や保証人への請求

  発生するリスクがあること


③裁判を起こされる可能性があること


では、順番に見ていきましょう。

 

①信用情報機関に情報が登録されてしまうこと

  • 「任意整理」も個人再生や自己破産と同じく債務整理の一つであるため、「信用情報機関」に登録されてしまいます。(いわゆる「ブラックリストに載る」というやつですね)
  • 「信用情報機関」に何が登録されるのでしょうか?
    クレジットやローンなどの契約内容、返済・支払状況、取引事実等がその内容とされています。
    「任意整理」をすると、その事実が「信用情報機関」に登録されるため、以降、数年間(概ね5年程度といわれています)は新規にお金を借りたり、クレジットカードを作ることはできなくなります。
  • 数年間はできない、と書きましたが個人再生や自己破産に比較すると「任意整理」は短いと言われています。
  • 「信用情報機関」に登録されてしまうという、デメリットは避けることができません。
  • ただ、見方を変えると、現時点で、支払が滞っている以上、劇的に返済環境が好転しない限りは、遠くない将来には「信用情報機関」に登録されるのは時間の問題とも言えます。
  • いずれは登録されてしまうのであれば、思い切って「任意整理」を進めることは十分にアリ、と個人的には考えます。

 

②担保や保証人が付いている借金の場合は担保実行や保証人への請求

  が発生するリスクがあること

  • 担保付ローン(メリットの記事でも書きましたが所有権留保付きの自動車ローンなど)や保証人が付いている借金の場合、「任意整理」手続きを実行したことで担保の実行(上記の例で言えば自動車そのものを引き上げる)や保証人への請求が行われてしまうことがあります。
  • しかし、これらの借金の場合を「任意整理」の対象から外すことで、リスクを回避することが可能となります。

 

③裁判を起こされる可能性があること

  • 債権者の中には「債務整理」の手続きを行おうとすると「貸金返還請求訴訟」という裁判を起こそうとする業者もいます。当然のことながら裁判で敗訴してしまえば給与等の差し押さえが行われることがありますので、①と同様に高いリスクが伴います。
  • 個人で「債務整理」の手続きを行う際には、どの業者が訴訟を起こした実績があるかを調べるのは大変です。
  • しかしながら、「債務整理」手続きに熟知している弁護士事務所には、「どの業者(債権者)が訴訟を起こしてくるか」、「どのような訴訟内容であったか」などの経験や対処方法などのノウハウがあるため、そのような債務を対象から外すことで「リスク回避」が可能となります。

 

以上が「任意整理のデメリット」となります。借金の苦労を無くしていくためには、受け入れなければいけないリスクではありますが、十分なノウハウや実績を持つ専門家に依頼すれば、そのリスクを減じることは可能と考えます。

一人で悩まずに弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

任意整理へのご相談はこちら

 

任意整理のメニューへ戻る

 

ホームに戻る

 

(参考・出典:「自己破産と借金整理を考えたら読む本」(ベリーベスト法律事務所))